スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃虚・軍艦島に5万9000人上陸…解禁1年(読売新聞)

 炭鉱で栄えた後、無人となり、廃虚と化したアパート群などが残る長崎市・端島(通称・軍艦島)への一般の上陸が解禁されて22日で1年。

 市によると、解禁から今月20日までに約5万9000人が上陸した。

 海外からの人々やメディアも多数訪問。「島は近代日本の過剰消費の縮図」と警鐘を鳴らす存在としても注目を集めている。

 「軍艦島は私たちの社会の未来の象徴だ。資源を使い果たしたら、私たちも地球を捨てることになるのだろうか」。島をつぶさに見たフランスの建築学校生、ポリンヌ・ル・バスさん(22)(フランス・レンヌ市)はこう感じた。

 島を紹介する雑誌を読み、「歴史的にも建築物としても興味深い」と卒論の題材に選んだ。2月、約1週間の日程で長崎市を訪れ、NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」理事長の坂本道徳さん(56)らの案内で、島に4回渡った。

 「(人に)捨てられる前の島の息遣いが聞こえてくるようだった。炭鉱で働いた人々の過酷な人生を思いやった」とポリンヌさん。廃虚となった建築物へのフランスと日本の認識の違いや島の建造物の歴史などをさらに研究し、卒論の完成を目指している。

 フランス国営テレビは昨年、島を取材。番組をまとめたDVDでは、炭鉱閉山で「最先端の」軍艦島が衰退していった歴史を紹介したうえで、「日本の近代化を夢見てできた島。今までの世代は石炭、石油を使い果たしてきた。これからは先を見て変えていかなければならない。自分たちにとって本当に大事なものを見ていこう」といったコメントが添えられている。

 市によると、島の周囲を巡るクルージングをしたのは約7万3000人で、事前予想の約3倍。米国や韓国、フランス、スウェーデンからも訪れ、「海外からの反応は予想以上」と市文化観光総務課。

 19日、1周年記念の上陸ツアーが行われた。長崎市江平2、NPO法人理事長黒田雄彦さん(64)は「『用が済んだら捨てるという論理は間違っている』と、島が警告しているように感じた」。この1年で国内外の約5000人を案内した坂本さんは「軍艦島は日本人のエゴによって作られた。未来の日本の姿かも」とツアー参加者に訴えた。

 軍艦島の建造物を研究する阿久井喜孝・東京電機大名誉教授は「日本の近代化とは一体何だったのかを知るうえで、軍艦島は重要な存在。様々な視点から専門家が分析してほしい」と期待する。(川口知也)

23日から全国的に低温=九州北部は22日大雨-気象庁(時事通信)
NHK平成21年度決算は黒字 速報値を経営委が公表(産経新聞)
将棋 鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
両さん銅像 亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て(毎日新聞)
高速「原則無料に」 政権公約で民主研究会 消費税引き上げ示唆も(産経新聞)

版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)

 【北京=佐伯聡士】村上春樹氏のベストセラー長編小説「1Q84」の中国本土版が5月にようやく出版される運びとなった。

 昨年11月、中国語の「繁体字」版が台湾で先に出版され、中国本土で使われている「簡体字」版の出版が、中国の村上ファンらの間で待望されていた。中国紙「北京青年報」が伝えた。

 激烈な競争の末に版権を獲得したのは北京の「新経典文化公司」で、同社は、「版権代は商業秘密で、金額は明らかにできない」と同紙に答えた。昨年6月、韓国では約8000万円で版権が取得されている。

 また、発行冊数についても、「数百万冊」としただけで、5月に入ってから公表するという。第一巻の翻訳作業はすでに終了しているが、翻訳者の名前も明らかにできないとしている。

春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
プラスチック 強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
高校2階、手すりと共に落ち生徒2人重軽傷(読売新聞)
前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)

生ゴミからエタノール、国内初の実用化成功(読売新聞)

 新日鉄エンジニアリングは19日、国内で初めて生ゴミなどの食品廃棄物からバイオエタノールを製造するプラントの実用化に成功したと発表した。

 全国の自治体などに販売する方針だ。

 プラントは、1日当たり約10トンの食品廃棄物から、約500リットルのエタノールの製造できる。販売するプラントの食品廃棄物の処理能力は1日当たり60トン程度で、販売先は主に人口が30~40万人の都市を想定していて、プラントの価格は10億~20億円。

 このプラントを使えば、食品廃棄物の焼却処理が不要になる。回収したエタノールを自動車の燃料などに再利用すれば、従来のゴミ処理施設よりも二酸化炭素(CO2)排出量を30~40%削減できるという。

領土問題「逃げるつもりない」=ロ大統領、鳩山首相に強調(時事通信)
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
「侵害明白な場合のみ賠償責任」=発信者情報開示拒否で初判断-最高裁(時事通信)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響-気象庁(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)

普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)

 今年の夏は衆参同日選――? 自民党の大島幹事長は13日の党役員会で同日選の可能性に言及し、衆院選の候補者となる小選挙区支部長の選任を急ぐ考えを表明した。

 その理由として、鳩山首相が米軍普天間飛行場移設問題の5月末までの決着を明言していることを挙げ、「5月末に結論を出せなかったら、首相に『辞めるべきだ』と言わねばならない。普天間問題で国民に信を問うこともあり得る」との見方を示した。

 ただ、衆院で300議席超の圧倒的多数を持つ現状を民主党が放棄する可能性は低いとの見方から、自民党内でも「希望的観測だ。野党暮らしの不満が執行部に向かわぬよう、党内を引き締める狙いだ」との受け止め方が専らだった。

<子どもの自殺>発生時の対応まとめる 文科省(毎日新聞)
民主・小沢幹事長、訪米見送り…普天間に配慮(読売新聞)
<銃声>連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)
街開き43年“ふるさと化”なるか 高齢化の泉北ニュータウン(産経新聞)

自民、異例の全職員朝礼=谷垣総裁が参院選へ「檄」(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は9日午前、党本部で全職員約160人を集めた朝礼を開き、「自民党を再生し、新しい時代を切り開くチャレンジャーとして、職員一人一人が志を持ってほしい。一緒に戦おう」と述べ、参院選に向け一丸となるよう檄(げき)を飛ばした。
 朝礼は非公開で大島理森幹事長も出席。総裁が党職員を一堂に集めて朝礼を開くのは異例だが、政党支持率が伸び悩み、離党者も相次いでいることから、職員の士気を高める狙いがあったようだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)
UDトラックス、プロジェクトマネージメントを新設組織改正(レスポンス)
高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り(産経新聞)
<笠間市長選>山口氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
有田川河川敷にこいのぼり 和歌山(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。